Return to site

姿勢が悪い子供は成績が落ち、病気になる

姿勢が悪いとどうなるのでしょうか?

例えば、首から背中が曲がると、胸の辺りが圧迫されて自然と呼吸が浅くなり、十分な酸素が吸えなくなります。

さらに、首が垂れると、頭にいく動脈が圧迫され、脳に行き渡る血流が不足します。

血液に含まれる酸素や栄養が脳で不足すると、ぼ~っとして、集中力が低下します。

首には自律神経の中枢がありますが、悪い姿勢が持続すると、自律神経のバランスが崩れ、頭への血流がさらに悪くなります。

慢性的に脳に血がいかない(脳の虚血)と、集中力と学力低下につながるわけです。

子供は多少なりとも、親からの期待でプレッシャーを感じて生きています。 成果がでなくて怒られると、下を向いてしまうこともあるでしょう。

下を向く時間が長くなると、首に負担がかかり、首回りの筋肉は緊張しやすくなり、自律神経のバランスが慢性的に崩れていきます。

また、起きている時の姿勢は寝る時の姿勢にも悪影響を与えます。 寝る姿勢が悪いと不眠となり、記憶力の定着がうまくいかなくなります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly